一限目の備忘録

苦悩は中毒性がある。

社会復帰中につき

年末年始、滅多にしない「エゴサーチ」をしたところ、

わたしの過去作品を実況動画を見つけ、一気に全ての動画を拝見しました。

それは一限はやめの名で作ったものではなく。

内容と長さからして、誰も実況しないだろうと思っていた作品だったので、驚きました

 

普段なら自分の作った作品の実況やプレイ動画の類を観ることは絶対にないのです。

自分が描いた文章を観るなんて、単純に恥ずかしいですから。

ただそれだけは見てしまいました。

そして、ゲームを作成していた当時のことをありありと思い出しました。

 

当時のわたしは色々と冷めていましたね 

「他人から嫌われたならそれまでだ」と考えていたので、周囲から冷たいとか適当だと思われていたと思います。

ダウナー系の極みです

これはだいぶ反省していることで、そういう価値観を持つのは自由であっても、

そのことを態度や言動に出してしまうのは非常に危険であると、今では思っています。

 

共依存論をあげた際、「作者もクル子のような人間なのか」と言われましたが

「誰かに出会えば自分の人生は劇的に良くなる」とは思っていませんが、ネット依存症の傾向はあるかもしれません

過去にSNSでわたしの名前を騙る偽物さんが現れたことと、文字でのやり取りが苦手なため、やろうと思えず。

部屋の居心地がよすぎたのでネットで暇を潰していた感じです

 

結局、大学での生活ではほぼ独りで過ごしてしまいました

独りの生活はあまりにも楽でした。

が、楽しくは無かった。

同級生たちは就職を通して日本全国、あるいは海外に散って働き始めるようですが。

たまには会ったりするものなのでしょうか。どうなんでしょうね。

自分のタイミングであらゆることが出来る生活で、心身ともに弱くなってしましました。

味方を作る必要は無いが、敵を作ってはいけない。

それくらいの適度な距離感でそれなりに他人と関わることが大切ですね

 

ただ中高の同級生やアルバイト先の人たちとは、こんな自分ととても仲良くしてくれました

そしてこんな自分を採用してくれた会社

本当に感謝しています

 

話が逸れました

わたしの過去作は全ての作品において、「伝えたかったこと」などは無いです

18〜22歳あたりの、純粋さと解放感と自己同一性の喪失、

10代までの短い人生経験の連続性が絶たれたことと、未熟さから生じる危うさ

だからこそ生まれる人間関係は描きたいかなと思いました。

 

ただ、今の状態で作品をあらためて観てみると、当時の自分は

「どのような形であれ、他人の負の感情に触れるのは危険だ」と言いたかったのかなあ、と少し感じました

 

…わたしの作品を好きだとおっしゃって頂ける方は、みな優しい心を持った方だと思います

それでいて 心の強さ弱さ、喜怒哀楽、白と黒を行ったり来たりするような。

 

わたしはわたしのあるべき場所で今後も頑張ります

 

皆さんがお幸せな人生を送られることをお祈りいたします

 

 

全く関係ないですが

好きなアーティストの好きな曲を紹介します

よかったら聴いてください

https://youtu.be/BCt9lS_Uv_Y

https://youtu.be/rs7FY-SIHkc


スポンサーサイト

  • 2019.03.08 Friday
  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


;